こんなお悩みありませんか?

  • 歩き出す際にひざが痛い
  • 正座ができない、正座をするとひざが痛い
  • ひざをまっすぐに伸ばせない

他の院で良くならない理由

変形性膝関節症の治療は、病院や整形外科だと痛み止めの薬や湿布、ヒアルロン酸を中心とした関節内注射などの保存療法行うこと多いです。それで良くならない場合には、手術が考慮されます。手術には関節鏡視下手術、骨切り術、人工関節置換術などが病気の程度や患者さんに応じて選択されます。たしかに手術をすれば良くなりますが、そもそも手術はしたくないし、痛み止めを飲み続けるのも負担になります。痛みの原因である炎症に対してのアプローチは全くされていません。「なぜ痛むのか?」そこに着目せずに治療をしている院が多いからだと思います。

 

患者様の声や実際の写真

症状の説明と原因

変形性膝関節症は膝に痛みを生じる代表的な病気です。まず、膝関節の中には2種類の軟骨があります。骨の表面にあるものと、骨の間にあってクッションの役割を果たすものです。変形性膝関節症とは、表面にある軟骨が傷んですりへってしまう病気です。

原因としては加齢のように、病気やケガといった明確な原因が特定できない「一次性」と呼ばれるものと、膝の骨折、じん帯や半月の損傷、膝関節のねんざや慢性関節リウマチなど原因がはっきりとわかる「二次性」と呼ばれるものがあります。

 

当院の改善方法

さがみはら整体院では問診を入念に行い、患者さんに一番あった治療法を一緒に見つけていきます。実際の施術では膝を直接的に施術することもあるのですが、まずは足首の硬さや股関節の動きの悪さ、膝に関係している筋肉の硬さの確認を行っていき、膝の痛みを引き起こしている本当の原因箇所をそれぞれアプローチしていきます。

日常生活面で何して良いかわからない、他の院で教わったことが正しいのか見てほしいなどのお言葉も多く頂いておりますが、安心して生活が送れるよう運動指導、栄養面でのアドバイスもさせて頂いてます。

上記を踏まえた上で、1回の施術で全く痛みがなくなることは稀ですが2〜5回の施術で大きな痛みの変化は見られてきます。長年の歩き方の癖や座り方の癖を改善させる必要があるので痛みの軽減を感じるのには回数の個人差がありますのでご了承ください。

当院では膝の周りの筋肉を強く押して、次の日に痛みが出るような治療はしていません今でも膝の手術を控えている方は全国に多くいらっしゃいますが、今、この文章を読まれているのであれば、まずは手術をされる前にさがみはら整体院にご相談下さい。

 

キャンペーン

「まずは当院の施術をご体験いただきたい」という思いから
1日3名様限定で初回割引キャンペーンを開催しています。

※本キャンペーンは初診の患者様限定となります。

初回割引キャンペーン

只野拓也

初回は問診でしっかりと身体の状態を確認させていただきます。
不調の本当の原因を分かりやすく解説した上で、
最適な治療法をご提供しますので、不安な気持ちをスッキリ解消していただけます。

お電話での「予約」「お問い合わせ」はこちら

メールでの「予約」はこちら


infoさがみはら整体院

place 住所
神奈川県相模原市中央区富士見6-6-1 大賀ビル111・110
phone_in_talk 電話番号
042-814-8140
access_time 受付時間
午前 9:00~12:00/午後 14:00~19:00
access_time 定休日
日曜・祝日

推薦の声 著名人からの
推薦の声続々
詳しくはこちらarrow_forward
患者様の声 95%以上の患者様が
施述の効果を
実感しています
詳しくはこちらarrow_forward
メディア実績 多数のメディアで
紹介されています
詳しくはこちらarrow_forward

施術について

症状別 各症状に合わせて
詳細の説明をしています
詳しくはこちらarrow_forward